ヘナってなに?

ヘナって何?

ヘナとは、インドや中近東などの熱帯地方に多く自生する、コウカという植物の木の緑色の葉を粉末にしたものなんですよ。

 

ヘナの葉って染料とか殺菌効果のある薬としてとか、魔除けとしてとか 古くから利用されてきたんですよ。

 

クレオパトラが爪を染めるのに使ったそうです。

 

今は、髪に優しい自然で安全な染毛料、トリートメント剤としてヘナで髪を染める人がたくさんいるんですね。

 

ヘナで白髪を染めるメリット

 

ヘナには、ローソニアという色素成分が含まれていて、髪に負担をかけずに染められるんですよ。

 

白髪には色が入りやすいんですね。

 

ヘナがたんぱく質と結合する時に髪の表面に薄い膜を作るからトリートメント効果があるんですよ。

 

髪のキューティクルを保護し、紫外線から髪を守ってくれるんですね。

 

ヘナで白髪を染めるデメリット

 

ヘナだけで染めるとオレンジ色に染まってしまうんですね。しかも黒髪は染まらないんです。

 

そして、染めるのに時間がかかってしまうから、すぐに染めたい人には向かなんですね。

 

あと、妊娠中前期、生理中の方は使えなですよ。

 

それから、臭いが独特なところがちょっと残念ですね。